まるまるぴょんて🦌

直感と人脈でのびのび生きる保育士のひとり言😊

人間は木と似てる。小枝(気持ち)と根っこ・太い幹(心)が強くなるために必要なこと。

人って木に例えるとわかりやすいな〜って思います。

f:id:rinapyonn:20171217090828j:image

 

根っこがしっかりしてると強い木になる。

何か困難(雨とか風とか)が来て小枝が折れる事があっても、なかなか根っこや太い幹が壊れる事がない。

 

人も一緒だなーと思います。

 

小さい時に色んな人と触れ合って

成功も失敗も色んな経験をして

どんどん根っこと幹を太くする。

 

そしたら途中に小枝(気持ち)が折れそうになる事があっても、根っこや太い幹(心)が折れにくい木(人)になるんじゃないかな〜って。

f:id:rinapyonn:20171217091441j:image

 

だから子どもと関わる時に意識してるのは

根っこや幹が太くなる瞬間を見逃さないこと。

 

失敗した時すぐに手助けするんじゃなくて

そこにどう向き合って、

どう立ち上がるかをしっかり見守る時間を作ること。

 

そこを助ける事が必要な時もあるし、

あえて手は出さずに出来た瞬間を見逃さず認める事が必要な時もある。

 

それを見極めるのが

周りにいる大人の役目じゃないのかなって。

 

助けてあげたい時もたくさんあるし、

失敗しないように助言をしたくなる時もある。

だけど、これからしっかり大きな木になるために大人がぐっと我慢して向き合ってみると変わってくるのかもしれない。

 

自分自身今の所小枝(気持ち)はよくポキポキ折れてるけど(笑)

根っこと太い幹(心)がなんとか支えてくれてる。

 

この一年色んな困難が重なったけどそのおかげでポキポキ折れ続けてた小枝(気持ち)が少し折れにくくなったと思う。

 

子どもも大人も同じ。

小枝(気持ち)・根っこや太い幹(心)は

色んな経験を積んで必要なだけの強さになるんだと思う。

 

無理に強くしようとするのじゃなく

自然に強くなる方がきっと長持ちする気がする。

 

折れて折れて太くなる瞬間を楽しめる人になりたいと思います♡!

f:id:rinapyonn:20171217092732j:image

 

だいすきな言葉・大切にしたい言葉"ありがとう"

ありきたりだけどやっぱり

だいすきな言葉は"ありがとう"です。

 

ありきたりだけどやっぱり

大切にしたい言葉は"ありがとう"です。

 

"ありがとう"って言葉か好きってよりは

"ありがとう"の気持ちが好きなのかな〜。

 

保育園の子ども達の朝礼で毎日歌ってる

"ありがとうの花"って曲があります。

ほんとに一回聞いてみてほしい。

ありがとうの花 - YouTube

(ものすごーく合唱思い出します(笑))

 

朝から子ども達と歌ってすごい温かい気持ちで

一日をスタートしてます😊

 

♩ありがとうの花

  ありがとうって言ったらみんなが笑ってる

 その顔が嬉しくて何度もありがとう

 街中に咲いてるありがとうの花

 風に吹かれ明日に飛んで行く

 

もう歌詞とメロディーが優しくて

子ども達と一緒に体横にゆらゆらさせながら

毎日熱唱して泣きそうなってます(笑)

 

この曲を歌い出してから

子ども達からの聞こえてくる"ありがとう"が

増えた気がする。

 

気のせいかもしれないけど、

言い方も柔らかくなった気がする。

 

言葉ってすごく大切だと思います。

優しい言葉を使って怒るのは難しい。

厳しい言葉を使って優しくするのは難しい。

 

だから言葉には気をつけてます。

優しい言葉を使って

人に自分に優しく生きれるように😊

 

"ありがとう"で溢れた素敵なおすすめの歌が

あればぜひぜひ教えてください♡!

 

今日も心がほっこり。

f:id:rinapyonn:20171206190622j:image

(イベントで作った新聞紙の雪だるま⛄️

 手作り感が可愛いでしょ♡?)

 

自分にとっての"強さ"の定義が変わりました😊

今ものすごく強くなれてる気がします。

今まで求めてたのとは違う強さだけど

ほんとに自分に必要な強さを身につけたと思う。

幸せ!!って感じることもいっぱい増えた。

 f:id:rinapyonn:20171201210859j:image

 

 

今までの自分にとっては

"人に頼らず自力で問題を解決すること"

"人に頼まれたことを120%やり遂げること"

"何があっても我慢すること"

"自分に厳しくすること"

が強さだと思ってた。

 

でも違ったと今は思う。

それは"強さ"じゃなく"強がり"だった。

 

強くなりたい!!って思って頑張れば頑張るほど自己嫌悪ばっかりで、全く上手く行かなくての繰り返しやったと思う。

f:id:rinapyonn:20171201210740j:image

 

 

だけど今の自分にとっての強さは

"辛い時、人に頼れること"

"人と協力して120%のことをやり遂げること"

"プラスの感情もマイナスの感情も相手に

  伝えられること"

"自分の苦手な事も認めてあげること"

他にもいっぱいあるけど😊

 

極度の負けず嫌いやから

人一倍"強くなりたい"って気持ちが強い気がする。

 

だけどその強さの定義って

自分の中でコロコロ変わる気がする 。

 

どれが正解不正解なんか分からない。

どれが正解不正解なんてなくていいと思う。

 

だけど前まで思ってた"強さの定義"よりも

今感じてる"強さの定義"の方が

心からしあわせ!!

って感じられる気がするからそれでいい。

 

前の自分にとっては"弱い自分"が

今の自分にとっては"強い自分"です♡

f:id:rinapyonn:20171201211806j:image

人の性格。それってほんとにそうなのかな?勝手な価値観・定規を外してみる😊

保育士をしてると色んな子どもとの関わりがあります。

 

"十人十色"

これほんとにそう。

担任を持った子が今で73人。

一人も同じ子はいない。

 

"頑張れが響く子"もいれば

"大丈夫だよが響く子"もいる。

 

"一つの事に集中する子"がいれば

"色んな事に興味がある子"もいる。

 

"わがまま"とか"落ち着きがない"とか

"消極的だ"とか"泣き虫だ"とか

色んな定規で測られる子どもたち。

 

でもそれって大人の勝手な価値観であって

大人の勝手な定規なんじゃないかなと思う。

 

"わがままな子"じゃなくて

"自分の意見を伝えられる子"

 

"落ち着きがない子"じゃなくて

"好奇心旺盛な子"

 

"消極的な子"じゃなくて"慎重な子"

 

"泣き虫な子"じゃなくて"感受性豊かな子"

 

そうやって大人が見方を変えてみたら

子どもってすごくのびのび育つと思う。

子どもだけじゃなく大人も同じ。

 

小さい時の周りからの声って

その子にすごく影響を与えるから

子どもと接する時、特に注意しないとな〜。

 

            "わがまま"  "落ち着きがない"  

                  "消極的"  "泣き虫"

それだけじゃないけど、

そうやって周りが勝手に決めつけて接してたら

それがほんとにその子になっちゃう気がする。

 

だからこそ勝手な価値観で人を見る事

勝手な自分の定規でその人を測ることは

すごく危険だと思う。

 

人と関わることが多いからこそ気をつけたい。

その子のこれからにとってすごく大事な時期を

一緒に過ごさせてもらってるからこそ気をつけたい。

 

色んな視点から一人の人間として子どもと接する。

今大切にしたいことはそこにある😊

 

 

 

想いがこもれば宝物になる😊

保育園に通ってた方、

お帳面(連絡ノート)って覚えてますか??

f:id:rinapyonn:20171115220123j:image

ご飯のメニューや体調・家での様子を

保護者が書いて来てくれて、

保育士が保育園での様子を書くノート。

 

一言で言えば

保護者と保育士の"情報交換ノート"

コミュニケーションの一つでもあります😊

 

ただの一冊のノートだけど

色んな想いを込めて毎日子どもの様子を書いてます。

 f:id:rinapyonn:20171115221004j:image

 

私の働く保育園に通う子ども達は

一番長い子で7時から19時まで保育園で過ごします。

そう、子どもの起きてる時間の半分以上。

 

だからこそ

*子どもが頑張ってること

*子どもができるようになったこと

*保育園で大事にしてること

*子どもが今興味のあること

*友だちとの関わり

など一つでも多くの子どもの情報を保護者に伝えられるように毎日想いを込めて連絡ノートを書いてます😊

f:id:rinapyonn:20171115220825j:image

 

保護者と一緒に子どもの成長を見守りたいから😊一緒に成長を喜びたいから😊 

 

この間保護者の方から嬉しい言葉をもらいました。

 

"連絡ノートを見ると1日の子どもの様子がすごくよく分かって安心します"

"自分の子をしっかり見てくれてる事がすごく嬉しいです"

"子どもの成長記録、宝物です"

" 子どもがおっきくなった時見せるのが楽しみです"

f:id:rinapyonn:20171115221346j:image

 

小さな物だけど、

想いを込めた時

誰かにとっての"宝物になる"

それってすごく素敵な事だな〜って。

 

連絡ノートに限らずなんでも。

"想い"ってそれだけの"ちから"があるみたい😊

 

保護者からもらった言葉がすごーく嬉しくて

今の"想い"を大事にしたくてメモメモ📝♡

 

いつまでも"想い"を大切に生きていきたい。

"人への想い"も"物への想い"も"時への想い"も♡

f:id:rinapyonn:20171115222700j:image

自分にとっての当たり前を相手に求めない。それを基準にしない。

 

今週水・木・金と職場体験で来てた中学生。

 

朝、横を通り過ぎる時も挨拶なしで素通り。

子ども達の着替えを手伝う時はあぐら。

職員がバタバタ動いてる中知らん間にお弁当食べ始めてたり、おやつを渡してもお礼も何もなく無言。

 

正直ん??え???の連続でした(笑)

正直に言えば一つひとつの行動に理解が出来ない。

頭の中ははてなでいっぱい。

f:id:rinapyonn:20171111084624j:image

 

1日目、2日目はそんな中学生にイライラしてしまう自分にイライラして終わってしまった。

 でも冷静になって考えたんです。

 

朝、誰かとすれ違えば自分から挨拶をする。

子ども達と接する時は正座で座る。

色々落ち着いてから職員は食べ始める。

おやつをもらえばお礼を言って

「いただきます」の挨拶をして食べる。

 

それって自分の中の当たり前であって

相手の中では当たり前ではない。

 自分の中の当たり前を相手に求めるからイライラしちゃうんやって!!

f:id:rinapyonn:20171111084727j:image

 

それに気付いてからの3日目。

 

いつのまにかできる事を当たり前にしてしまってて褒めれてなかった事がたくさんあることに気付きました。

 

おはよう!!って言って登園する子ども達に

挨拶できたね♡!って褒めれた。

 

着替えを手伝ったら「ありがとう」を言ってくれた子に、お礼言ってもらったら先生も嬉しいよ♡って伝えれた。

 

自分で服装を正してる子に、自分で気づけたね!って認めれた。

 

あれ??イライラしてた2日間のおかげで

すごい素敵な1日になっちゃった😊

f:id:rinapyonn:20171111085255j:image

 

自分にとっての当たり前は相手にとっては当たり前じゃないこともある。

 

だからこそ、なにか嫌な気持ちになった時

                  こうしてほしいなってなった時

そんな時は伝えることが大切なのかも😊♡

 

3日目が終わる時、

この気持ちに気づかせてくれた中学生に

「ありがとう」を伝えれた自分にまる🙆♡

f:id:rinapyonn:20171111085731j:image

思いがあるからこそ思いが強いからこそぶつかる。それでいい。

 

 

最近よく職場の先輩とぶつかります。

 

保育方法の違い、こだわりの違い

いろんな事でぶつかってます。

f:id:rinapyonn:20171110203022j:image

 

正直ぶつかる事ってすっごく体力使うし

精神的にもしんどくなる時もある。

 

だけどそれを理由に逃げてたら

解決してるように見えて全く解決出来ないんですよね😭

 f:id:rinapyonn:20171110204115p:image

 

 

もうそこに気付いちゃったから

気を遣うの辞めました。

我慢するの辞めました。

 

納得いかなかったら「なんでですか?」

                              「こうしてくれませんか?」

それを繰り返すしか解決方法ってないと思う。

話し合わないと根本からの解決は出来ひんもん。

 

いろんな思いがあるからこそぶつかる。

子どもにこうなってもらいたい!

子どもとこんな事がしたい!!

その思いがお互い強いからこそぶつかる。

 

 ぶつかることってマイナスイメージが強かったから避けてきたけど、ぶつかるからこそ出てきたアイディアもあるから。

 

すんごく体力使うけど、

少しでも思いが伝わるように

お互いの思いを分かり合えるように

ぶつかる事を怖がらず嫌がらず向き合います。

 

仕事でもプライベートでも一緒。

 

大切にしたい人ほど思いが強くなる。

だからこそぶつかることもあると思う。

だけどぶつかる事は悪いことじゃない。

大切なのはしっかりとお互いの思いを伝えること、お互いがお互いの思いに耳を傾けること。

f:id:rinapyonn:20171110205149j:image