まるまるぴょんて🦌

直感と人脈でのびのび生きる保育士のひとり言😊

何事も経験😊"転ばぬ先の杖"じゃなく"転んだ後の杖"

今年度は2歳児担任。

4月から色んな経験を重ねて、どんどん成長する子ども達の姿に毎日ワクワクしてます♡

 

クラスの子達見てて思うんです。

"経験を一つ一つ重ねて、

それを成長に繋がる力を

子どもは大人よりも持ってる"って😊

f:id:rinapyonn:20171009182252j:image

 

"考えられない子どもが増えてる"とか

"指示待ちの子どもが若者が増えてる"って

よく言われてるけど

それは小さい時に関わってた大人が原因だと思う。

 

経験を重ねて人は成長するのに

その経験する機会を奪われてる事がすごく多いから。

 

"これは危ないからダメ!"

"汚れるからダメ!"

"時間ないから後からにして!"

f:id:rinapyonn:20171009182820j:image

 

そうやって大人の勝手な"価値観"を"都合"を押し付けて、子どもから大事な"経験の機会"を奪ってしまう事がものすごく多いと思うんです。

 

経験を奪われると考えられなくなる。

経験がないから考える基準がない。

 

指示ばっかりで育つと

指示されないとどうしたらいいか分からなくなる。

 

 

ここ1年で保育に対する考えががらっと変わった。

前までならきっとダメ!!って言ってた事も

"やってみたら??"って見守る事が多くなった。

 

失敗しないようにアドバイスするのって

優しさに見えて"優しさじゃない"と思う。

 

失敗から学ぶ事ってほんとに多い。

失敗をしないと気付かない事ってほんとに多い。

 

経験を通して自信を付けていく。

経験してみて自分出来るんや!って感じれたり、これ好きなんや!って知れたりする。

 

今まで大事なのは

                   "転ばぬ先の杖"

                                        が大事だと思ってた。

それが優しさだと思ってた。

 

でも今大事にしてるのは

                   "転んだ後の杖"

子どもが経験して自分で色々感じた上で

必要なだけの手を差し伸べる。

 (だいすきな保育者、柴田愛子さんの言葉です)

 

ぎゅっと抱きしめる。

頑張りを認める。

f:id:rinapyonn:20171009184129j:image

 

それが今できる子どもへの優しさ・思いやりだと思っています😊♩

 

考え方は人それぞれ。

保育って子育てって正解不正解がない。

色んな人の考えや思いがあるから。

 

だけど今自分が大事にしたいのは

                "子どもの経験を奪わない"

         "ここにいるよ、何かあったらおいで"

そうやって一歩下がって見守る事だと思ってます。

f:id:rinapyonn:20171009184421j:image

 

今週はどんな経験を子どもがするのか。

それがどんな成長に繋がるのか。

それを見るのが楽しみです♡!